単身向け賃貸の間取りの種類

ワンルームマンションの魅力と注意点

単身者向け賃貸物件の中でも、比較的利用者が多いと言われるのがワンルームマンションです。ワンルームマンションとは、文字通り生活をするスペースが1室に限定されている賃貸物件になります。ワンルームマンションが人気の理由は、生活費の負担の少なさです。賃貸物件の家賃は、生活スペースの広さが大きく影響します。敷地面積に比例して金額が増加していく仕組みになっているため、1室に限られているワンルームマンションは地域を問わず家賃は安めです。駅近の都心部でも手頃な価格設定になっているので、収入が少ない学生でも無理なく住むことができます。ただし、物件によっては希望する家具類を全て配置できないこともあるので注意が必要です。

生活に余裕を持てる1LDK

毎日暮らす家だから、快適性を損ないたくないという人に向いている間取りが1LDKです。居室と8畳以上のキッチンに分かれている1LDKは、空間を分断することで生活がしやすいという利点があります。ワンルーム、1DKよりもキッチンスペースが広いので、自炊がメインの人も快適に料理ができるのが強みです。空いたスペースをリビングとして活用すれば、居住性が高まります。タンスやベッドなどの家具類を配置しても居室に余裕を持たせられるので、友人や恋人を呼びやすいのもメリットの一つです。ただし、1LDKの物件は毎月の家賃設定が高めというデメリットもあります。特に駅近など条件が良い物件は、ワンルームよりも数万円以上高くなるケースも珍しくありません。