敷金礼金0円物件の注意点

生活面で不便が生じやすい

一人暮らしをする目的で賃貸物件探しをする時に、初期費用を抑えるために敷金礼金無しの物件を選ぶ人も少なくありません。物件によって若干の違いはありますが、敷金礼金は家賃の2ヶ月分が相場と言われています。貸す側にとっての大きなメリットがあるにも関わらず免除する理由は、借り手の少なさです。不動産会社が所有する物件の中には、最寄駅から徒歩での距離が長すぎる、自宅内の設備の使い勝手が悪く借り手が付かないものもあります。借り手がいなければ収入を得ることができず、維持費だけが出ていくことになるので条件を緩和せざるを得ません。敷金、礼金無しの物件は通常より条件が悪いケースもあるので、契約を交わす前に自分の目で確かめておく必要があります。

契約条件が厳しくなりがち

敷金、礼金無しの物件は通常よりも契約内容が厳しく設定されているケースもあります。主な例として挙げられるのが、家賃滞納時のペナルティです。一般的な賃貸物件は、事前に敷金という形でお金を預かっているので、契約者の個人的理由で家賃の支払いが遅れても若干の猶予を持たせてくれます。一方で契約時にお金を預かっていない敷金、礼金の無い物件は、少しの遅れでも厳しい対応を取られることも少なくありません。体調不良で支払日に銀行に行くことができなかったといった、やむを得ない事情すらも考慮してもらえず退去を命じられる例もあります。家賃を期日までに払い続ければ問題はありませんが、仕事が不定期で毎月の収入が安定しない人は注意が必要です。