子供を連れて入居するときの注意点

騒音問題に注意を払おう!

ファミリー向けの物件を借りるのであれば、木造の物件はあまりお勧めできません。特に築古の木造物件の場合には「騒音トラブル」を引き起こしてしまう事があるからです。最近の木造物件はグラスウールのような騒音防止対策がしてある物件も増えています。しかし築古の木造物件であると、子供のはしゃぐ声や走り回る音で、階下や隣と騒音トラブルになることがあるので注意が必要です。もしも子供のいる家庭がファミリー向けの物件を借りる場合には、出来るだけ騒音を通さないような、鉄筋コンクリートのマンションがおすすめです。もしも木造アパートを借りる場合は、1階部分を借りるなどすれば、階下との騒音トラブルは防止することが出来ます。

戸建賃貸も考えてみては?

ファミリー向けの物件の場合には、アパートやマンションの他にも、戸建賃貸住宅を借りるという手もあります。戸建賃貸住宅のメリットは、木造アパマンでありがちな騒音問題をほぼ防止することが出来る事です。なぜならば、アパマンのような長屋のような状態になっていないからです。さらに戸建賃貸住宅には庭が付いている場合がほとんどです。子供を部屋だけではなく、庭でも遊ばせることができます。戸建賃貸住宅の中には、長年住んでいると愛着がわきやすく、もしも大家がその物件を手放す際には、そのまま買い取ることも可能です。ファミリー向けのアパートやマンションでは、このような事は不可能でしょう。戸建賃貸ならではのメリットと言えます。